そもそも『BECK』とは?

『BECK』と言われてまず海外のアーティストを思い浮かべる方もいるかもしれません。
しかし、ここでの『BECK』とはハロルド作石先生による音楽を題材に一人の少年が成長していく様を描いているコミックスと、それを原作とするアニメのことを指します。

主人公の田中幸雄(通称コユキ)は何の取り柄もなく無気力に日々をすごしてきた中学生です。それがある日、つぎはぎだらけの不思議な犬(BECK)を連れた南竜介(通称リュースケ)と出会ったことで世界が一変していきます。

リュースケのギターテクに魅せられ、ギターの練習をしつつ、リュースケ達が立ち上げたバンド『BECK』のライブに通うような日々。やがてコユキはサクという親友も得て、共に練習スタジオにも足を運ぶようになります。

そんな中、バンドのドラマーが脱退し、BECKに解散の危機が訪れました。そこでまずサクがドラム経験を買われてBECKへ加入。さらに休憩中なんとなくマイクの前に立ったコユキの歌にその場にいる誰もがコユキのボーカリストとしての才能に魅入られ、遂にコユキもBECKの一員となったのです。

やがて世界からも注目され始めるBECK、そしてコユキですが、さまざまな困難が襲い、その度にコユキやメンバーは悩み・ぶつかりながらも成長していきます。

『音楽の聞こえてくる漫画』として絶大な人気を誇っている作品。それが『BECK』なのです。

ページトップへ

当サイトで使用している画像・および文章の無断転載・転用はお断りします。ご連絡こちらからどうぞ。